スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

キャンプに行ってきました!!野営編

会社の出張が重なり、ブログの更新ができずにいましたが、ようやく自宅に帰ってくることができました!
かなり遅くなりましたが、キャンプのレポートの続きを書きます!

・・・・

前回のあらすじ

学生時代の友人4人とキャンプに出掛けた私。
しかし、参加人数や荷物の量、用意できた自動車の大きさの都合により、ギュウギュウ詰めの旅となってしまいました。
やっとの思いで目的地に到着、これから楽しい??キャンプの始まりです。
さてさて、これからどうなることやら・・・

・・・・

夜明け、車内で仮眠をとった私たち5人は、早速テントや炊事場の設営を行うことにしました!!
テントは、簡単設営できるタイプのものなので、10分も掛からずに組立完了!とてもラクチンです!!

1時間ほどかけて、炊事場も作り、薪集めも完了!!

キャンプ001

なかなか、感じになりました(・∀・)イイ!!
これぞ、キャンプ! っといったところでしょうか?

キャンプ地の整備を行ている間に、時間は8時過ぎになっていました。
朝飯もロクに食べていないため、腹ペコです。
早速、朝飯とも昼飯ともつかない飯を作ることにしました。

しかし、薪に火が付かない・・・
前日に小雨が降ったらしく、燃料として確保した薪や小枝に火が付きませんΣ(・∀・|||)ゲッ!!
上の写真にもありますが、煙(水蒸気?)ばかりでてきます。
みんなで必死にまな板で扇いだり息を吹きかけたり、ジッポオイルをぶっかけたりして、ようやく点火できました。_ノフ○ グッタリ

さて・・・火も付いたことなので昼飯づくり、開始です!!
今回のキャンプで料理長を務めるのは Tama Takuma君!! 料理は彼にお任せです。

私は・・・撮影係ですから!!(゚∀゚)アヒャ
※火の管理や野菜の皮むき、洗物は手伝いました。

キャンプ002
↑料理の指揮を執る Tama Takuma君と さりげなくポーズをとる Mの人

キャンプ004

キャンプ003
目隠しを取ると、目がイッってやがる・・・

料理に苦戦しながらも何とか完成!!
今日の昼飯??は、「焼いたスパムとチーズのサンドウィッチ」と「なんかよくわからないシチュー」www(名前、なんだったっけな??)

キャンプ005

キャンプ006

さて、苦労して作った料理、一番重要なお味の方はどうでしょうか??

・・・美味しいっ!!!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

男5人で作った料理にしては、美味しいです!!
結構な量を作りましたが、全員で完食! 大人気でした~♪

・・・・

さて、昼過ぎになりました。片付けも終わり、ヽ(´ー`)ノマターリ
夜勤明けの夜からキャンプに参加した ひだべー と メグ薬 は眠気でダウン(ヽ´ω`)グッタリ
よくもまぁ、非番なのに参加する元気があったなぁ・・・

残ったメンバーは、とくにやることもないので登山をすることにしました。

キャンプ007

キャンプ地の後ろには、細い山道(ケモノ道に近いですが)があります。
この道は、「点線国道」(実際には、林道扱い)で、開通が困難なために放置された国道となっています。
林道が大好きな私には、とても興味深い道です!!

では、いざ突入!!

キャンプ011

・・・早速、砂防ダムにぶち当たりました。
しかし、こんなことではあきらめません! 頑張って、隅からよじ登りました!!

キャンプ012

キャンプ013

またしても、砂防ダム。また、砂防ダム・・・崩落跡、ダム、崩落跡etc.etc.etc.
どんどん、砂防ダムや崩落跡、沢ををよじ登っていきます!!

そして、

キャンプ010

キャンプ地を流れていた川は、沢になりました。
かなりの勾配を下る沢ですが、国土地理院の地図によればこの沢が点線国道とのこと、迷わずに進みます!!ι(´Д`υ)アツィーι(´Д`υ)アツィー

上ること数10分。
メンバーもだいぶバテてきたようです。( ´Д`)=3 フゥーッ

そんななかこの男、Tama Takuma は元気120%ですwww
午前中から忙しかったせいで壊れてしまいました。何故か、踊っています(・∀・;;) それも笑顔で・・・

キャンプ008

キャンプ009

うん・・・その姿は、正しく森の妖精!!(爆) ・・・見苦しいものをおみせしました(汗)

一通り妖精の舞 猿の小躍り を見たところで、さらに頂上を目指します!


キャンプ015

キャンプ014

この急こう配と悪路はいつまで続くのでしょうか(汗)

キャンプ018
↑テングタケ?を見つけて喜ぶ Tama Takuma 相変わらず元気だな(ヨシ!食えっ!!)

キャンプ016

やっと、見晴らしの良いところに出てもまだ頂上は見えません。
キャンプ地から遠くまで行く予定もなかったので、大した装備もありません・・・

でも、川から離れていないのでそのまま頂上を目指します!
どんどん、急斜な森を登ります。

・・・!?? 車の音??
他の2人には聞こえなかったようですが・・・

もう少し登ってみます・・・
・・・見えた!ガードレールだっ!!
ついに、国道の開通区間まで来ることができました。
頂上ではないですが、”非点線国道”の区間まで来ることができました!!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
(また写真撮り忘れたよ私・・・)

ようやく、未開通区間の峠を制覇しました!!実は、3度目の正直・・・
目的地は、ただの山中の国道なので目ぼしいものはありませんでしたが、達成感はそれなりに得られました!!

さて・・・帰りますか・・・
帰りは、道がわかってしまえばこちらのものなので、大急ぎで崖っぷちを下りました。
因みに、どれくらい急いだかと言うと行き(上り)の3倍くらいのスピードです。(行きは2時間、帰りは40分くらいかかりましたので)。

・・・・

赤い彗星のごとく山を下りた私たち!
キャンプ地に戻った時の時間は15時でした。
この辺りは、高い山の影になっているので、暗くなるのがとても早いです。
直ぐに、夕飯の支度をしなければなりません。

早速、さらなる薪集めに野菜の皮むきや飯ごうの用意をスタート!!
晩飯は、キャンプの定番 「カレーライス」です!! キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
(またまた、準備の写真がないです・・・)

ガンガン火を燃やして調理、調理・・・

それなりに急いで作った為、ニンジンが固いですが、完成!!
薄暗くなって来たので、素早く夕飯の準備です!!

キャンプ021

ようやくできたカレーライス!!( ^ω^ )ニコニコ
ご飯の「おこげ」もキャンプの醍醐味の1つです!!

キャンプ019

さっさと夕食を完食し、お約束のキャンプファイヤー!!!!お酒(私は主に紅茶)を飲みながらのんびりと雑談を・・・
私は、この時間が楽しみでキャンプに来たといっても過言ではありません!!

キャンプ020

本日は曇り空のために星が見られないのがとても残念ですが、月明かりのない真闇の中の炎も美しかったです。
本当に、このキャンプを企画してよかったと思った瞬間でした。

また、来年もこの時期のキャンプを企画したいですね~。

・・・・

さて、どうも翌日は天気が悪いらしい・・・
荷物をある程度まとめて、置き。使用した食器や飯ごう・鍋なども川から引き揚げました。

後は、後片付けをして帰るだけなのですが、果たして無事に帰宅できるのでしょうか?

スポンサーサイト

2012.09.28 | | コメント(6) | トラックバック(1) | 旅行

キャンプに行ってきました!!往路編

先日、ブログに書いたように長野県にキャンプへ行ってきました。

参加メンバーは・・・

職場の隠れた変態!「Tama Takuma」!!
高校から友人でかつ会社の同僚です。コイツと毎日のように顔を合わせること、6年間www

寝たら起きない!?「Mの人」!!
高校からの友人でかつ私の会社のグループ会社の人。とにかく、目覚めが悪い! 今回のキャンプでも一苦労させてくれそうです(゚Д゚#)ゴルァ!!

鉄道命!!「ひだべー」!!
高校からの友人でかつ私の会社のライバル会社の人。愛知県の鉄道沿線(特に名鉄線)に出没する変態です。数年前からバスの撮影にもはまっている様子。

キャンプ大好き??「メグ薬」!!
専門学校の友人だで、上記3名とは全く面識がないがアウトドアが好き過ぎて急遽参加!!?
この変態どもについていけるのか?

~上記4名の人物については、私の独断とかなりの偏見だけで書いています~

さて、これから私を含めた5人で無事にキャンプ&登山?に行って帰ってくることができるのでしょうか??

・・・・

9月21日夜、仕事も放置して一区切りつけて、定時退社!!(こんなの久しぶり!!)
参加者が来るまでに準備を整えて、キャンプの準備をしておきます。

今回の目的地は、「長野県下伊那郡喬木村と飯田市の境」付近の山々!!(余り、オススメできるキャンプ地ではないので、詳細は書きません。)

標高2000m級の山々(とはいっても、頂上でキャンプするわけではありませんが・・・)の中に入っていくわけですから、忘れ物がないようにしっかりと準備をします。

深夜、メンバー全員が私の家に集合!!
今回、自動車を出してくれたのは、「Tama Takuma」。 愛車は、日産「ラシーン」です!!

ラシーン001

早速、荷物を積み込んで、出発です・・・ってこの車、中があまり広くない。そこに成人男性5人と5人分の荷物とキャンプセットを積んだもんだから、物凄くギュウギュウです(´Д`;)

しかも、後部が荷物で占領されていて、ルームミラーが全く役に立たない・・・
ホントに大丈夫か?コレ・・・

・・・・

今回、行きに使用するルートは、

東名高速道路 岡崎I.C.⇒東海環状自動車道 経由⇒ 中央自動車道 恵那峡S.A.(休憩)⇒
三遠南信自動車道 天竜峡I.C.⇒目的地

だいたい、こんなものです(テキトー)
高速を使って快適かつ早く目的地に到着し、そこで仮眠をとってからキャンプを行う予定です。

でも実際は、定員ギリギリで荷物満載のラシーンは、走らない・周囲が見えにくい・コーナーでふらつくetc.etc.様々な問題がヽ( ;´Д`)ノ 快適とは、ほど遠い状態ですwww
せめて、ルーフキャリアがあればと思いました。(次回は装着するんだ!Tamaちゃん!!)

そして、何とか目的地に到着。(岡崎からココまで私が運転してきたため、一切写真がありません(汗))
まだ周囲は暗く、山の中を今から行動するのは危険なため、車内で仮眠することにします。
殺人的狭さの車内ですがwww

続く

・・・・

今日は往路編ということで書きましたが、実際に笑い事ではないほどに車内が狭かったです。
次は野営編ということで、もう少し快適な話を書きたいと思いますが・・・でも・・・・・・
それでは、次回をお楽しみに~!!

2012.09.25 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行

キャンプに行ってきます!

先日の渚園カブミーティングに続き、今週は学生時代からの友人たちとキャンプに行ってきます!!

場所は、長野県下伊那郡喬木村(たかぎむら)の方をウロウロと・・・
今晩出発し、明日の朝には飯田市街経由で現地に到着し、明後日の昼過ぎまで野営をしようとと思っています。

南アルプスの電波が一切届かない(たぶん)場所にいるので、ブログやmixi/Twitter/Facebook/Skype等の返信が一切できませんのでよろしくお願いしますo(_^_)oペコッ

また、帰ってきたら(又は、電波が届いちゃったら)レポートを書きます!!

それでは、行ってきます~!!

キャンプ201209-01

2012.09.21 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 旅行

鳥羽、伊勢エビ料理の旅

 本日は、祖母の誕生日。祖母と伯父と3人で、プレゼントととして、祖母のリクエストである海鮮料理を食べに鳥羽まで行くことにしました。今日は伊勢エビがメインの列車旅になります。

 朝、岡崎から名古屋まで快速で、そこから快速「みえ」に乗り換え鳥羽まで一気に向いました。

 列車の中、祖母は、隣の座席の見知らぬ女性に声をかけまくり(゜Д゜;)・・・名古屋の通勤路線の車内で持参したお菓子を配り始めました。完全に顔見知りしか乗っていない田舎路線と勘違いしていますwww・・・長生きするよこの人・・・

2時間半ほどで、鳥羽に到着しました。11時を過ぎ、腹ペコなので料理屋に直行します。今日のお店は、「漣 鳥羽店」です。到着すると、すでに行列が・・・。

 その後15分ほどで、お座敷に上がることができました。ホッ

 今日のメニュは、伊勢エビのお造り、伊勢エビの味噌汁(白味噌でした)、カレイの刺身、その他刺身盛とカキ、サザエ、オオアサリの酒蒸しetcです。伊勢エビは、元気がいいので、祖母が珍しがって頭をつつくと動きますwww 味は、新鮮な伊勢エビのプリプリ感やカレイの味がとても良く、なかなかのものでした。

 食後は、海辺を廻って景色を楽しみ、お土産を買い後に帰路につきました。3人とも、とても満足な1日を送る事ができました。

 時間の都合で、水族館などは見れませんでしたが、またの機会に家族や友人と訪れてみたいですね。

2012.02.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行

«  | ホーム |  »

これまでの閲覧者数

現在の閲覧者数

プロフィール

m2000srr

Author:m2000srr
好きなことをやって、気ままに生きる人です。あちこち巡るのが好き。

SNS
Facebook
Twitter
mixi

にほんブログ村

  にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

  にほんブログ村 バイクブログ モペットへ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
4722位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1936位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。